自然に分娩を誘発させる方法

初めに、下記に記載される自然に分娩を誘発させる方法は、出産期であることを医師が認めた場合にのみ行うようにしてください。早期に出産を促したりすると、生まれてくる赤ちゃんが未熟児となることや、胎児に危険を及ぼす可能性があります。

しかし、適切な時が来ても赤ちゃんが生まれてこない場合は、下記の方法を試してみると良いでしょう。

1. 少し長めの時間、歩くといいでしょう。ここでのポイントとしては、坂道など傾斜のある道をちょっと疲れたなと思うまで、ゆっくり歩いてください。またもうすでに陣痛が始まっており、その間隔を縮めたいときに有効です。坂を下りると筋肉が刺激されます。また下へ向かって歩く運動で刺激されて、赤ちゃんが外に出ようとするかもしれません!

2. スパイシーな食べ物を食べて下さい。香料の多く入った食べ物は、体内のセンサーに働きかけて、陣痛を促してくれます。妊娠中にスパイシーなものを食べても良いのかと不安になった方もいるでしょう。もう出産期に入って、いつでも出産が可能な時だけ効果的な方法ですので安心してください。

3. 東洋医学の先生に相談することも良い方法です。東洋医学には、多くの陣痛を促す方法があります。きっと、貴方の力になってくれるでしょう。例えば、指圧によって手や足、また腰にあるツボを刺激することによって、陣痛を促す方法があります。産婦人科と同じように、東洋医学の先生も出産に精通しています。鍼療法も効果的です。鍼灸師は、足や下腹部、また腕などにあるツボを針で刺激することによって陣痛を促します。針を入れてから、30分から40分ほど安静にしていてください。すると幸運にも、その場で陣痛が始まることがあるかもしれません!(鍼療法は危険なものではありませんので安心してください)。

元気な赤ちゃんが産んでください!

赤ちゃんが産まれたら別の心配事が出てくるのが現実です。ストレッチマークや母乳、夜鳴きなどなど・・・・新米ママがんばりましょう!応援しています。
Profile

月と惑星

Author:月と惑星
Welcome to FC2!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.